最近投稿された記事

  • スポット伊豆市の文化を体験しよう 百笑の湯

    高濃度炭酸泉、トルマリンの湯、草津の湯、 海水の7倍もの濃度の塩で身体が浮く死海の塩を使った塩の湯や、韓国式サウナ汗蒸幕、備長炭サウナ、麦飯石サウナなど、豊富な種類の湯とサウナが魅力!
    その他、伊豆の国ビールが楽しめるお食事処やバリエステやタイ古式マッサージ・リフレクソロジーなど様々なバリエーションのリラクゼーション、休憩室、仮眠室などもあるので手ぶらで来ても1日楽しめます温泉施設です。

    記事を読む
  • スポット伊豆市の文化を体験しよう 湯の国会館

    湯の国会館は、「ナトリウム硫酸塩温泉」と「アルカリ性単純温泉」の2つの源泉を保有し、どちらの源泉もPHが高く、少し “ぬめり感” がある温泉です。
    日量33万リットルの湯量があり、常時新鮮な湯が浴槽に流れていて、狩野川のせせらぎを聞きながらゆっくりとくつろぐことができる立ち寄り天然温泉施設です。
    温泉のほかには、スチームサウナ・水風呂もあり、レストランも併設されています。

    記事を読む
  • スポット伊豆市の文化を体験しよう 神代の湯

    鳥のさえずり、川のせせらぎしか聞こえないほど静かな立ち寄り湯解放宿泊施設です。
    北投石ラジウム貸切風呂や天然ラジウムを発し細胞を活性化するという北投石ミストサウナなどもあり、また「神代ばぁちゃんの無農薬自家菜園」で作った野菜を使用した「完全マクロビ」から「ゆるベジ」まで野菜中心の地場産品を使ったお料理も味わうことができます。調理には地下から汲み上げている天然のミネラルウォーターを使用しているなどこだわり食材を使った食事と温泉で心も体も癒されます。

    記事を読む
  • スポット伊豆市の文化を体験しよう 富士陽光ホテル

    伊豆スカイラインから直結!伊豆観光の拠点としても、おすすめ!
    鳥のさえずりや風の音だけが聞こえ、富士山の絶景を一望できる大自然の中に建つ富士陽光ホテルは、2018年に新規オープンしたばかりで、眺望の良い露天風呂付きの天然温泉大浴場「万天の湯」やナイター照明完備のテニスコートなどがあり、家族旅行や合宿などに最適!

    記事を読む
  • スポット伊豆市の文化を体験しよう 筥湯

    修善寺に以前7つの外湯があり、現在まで残ったのは「独鈷の湯」のみでしたが、平成12年に筥湯がオープンし外湯が復活!
    檜造りの湯舟には掛け流しの湯があふれ、内風呂のみの温泉施設ですが、風情ある温泉情緒を味わえます。
    修善寺の街並みが一望できる展望楼「仰空楼」も併設されているので、修善寺温泉を上から眺めるのもおすすめです。

    記事を読む
  • スポット伊豆市の文化を体験しよう 土肥金山

    土肥金山は、江戸時代に第一期黄金時代を明治時代から昭和にかけて第二期黄金時代を迎え佐渡金山に次ぐ生産量を誇った伊豆最大の金山です。推定産出量は金40t、銀400t。金山は昭和40年に閉山しましたが、その後は土肥のパワースポットとして観光坑道や砂金採り体験を楽しめる観光施設として人気のスポットに生まれ変わりました。
    また、黄金館に展示してある250kgの巨大金塊はギネスにも認定され、世界一の金塊を一般公開しています。

    ギネス認定された巨大金塊や人気のパワースポット観光坑道などがあります! EDITOR スズキ
    マリンベース西伊豆
    https://www.nap-camp.com/shizuoka/15727
    記事を読む
  • スポット伊豆市の自然を体験しよう伊豆市の文化を体験しよう 春先取り!2/4 (日)まで土肥桜まつり開催中

    日本で最も早咲きといわれている土肥桜。
    12月下旬から蕾がほころびはじめ、1月上旬に開花、2月中旬まで濃いピンク色の花を咲かせます。
    満開の頃には桜の木全体が華やかなピンク色で彩られ、一足早い春を感じることが出来ます。
    土肥桜の見ごろの時期に松原公園を中心に土肥桜まつりを開催しております。
    模擬店などの出店や、週末にはステージイベントなどが開催され多くの観光客が一足早く春の訪れを楽しんでいます。

    【開催日時】2024年1月20日(土)~2月4日(日)
    各日10:00~15:00
    【会 場】松原公園芝生広場
    ・地場産品直売
    ・スタンプラリー
    ・土肥桜フォトコンテスト
    ・E-BIKE(電動アシスト付自転車)等のレンタサイクル
    ・土肥桜まつり限定御朱印(最福寺、土肥神社、清雲寺、安楽寺、妙蔵寺)

    ▼土肥桜開花情報(更新中)
    詳細はこちら

    ▼土肥桜フォトコンテストについて
    詳細はこちら

    ▼土肥桜まつりステージイベント情報
    詳細はこちら

    一足早い春を感じることが出来ますよ! EDITOR スズキ
    マリンベース西伊豆
    https://www.nap-camp.com/shizuoka/15727
    記事を読む
  • スポット伊豆市の文化を体験しよう 恋人岬

    土肥温泉街より南に8kmほど行った国道136号沿いの「恋人岬」バス停から、富士見遊歩道と木製デッキを進んだ先にあります。岬の先端にある展望デッキは180度以上のパノラマが拡がり、富士山や駿河湾を一望できます。
    展望デッキにある、愛の鐘「ラブコールベル」を3回鳴らしながら愛しい人の名を呼ぶと愛が実るといわれており、伊豆の恋愛パワースポットとして、恋人達や観光客で賑わいます。
    ここで鐘を鳴らして、遊歩道入口にあるステラハウスで恋人宣言証明書を発行してもらいめでたく結婚にゴールインすると、祝電または記念品が届くなど数々の特典が付与されます。

    恋人の聖地といわれているスポット! EDITOR スズキ
    マリンベース西伊豆
    https://www.nap-camp.com/shizuoka/15727
    記事を読む
  • ルート伊豆市のアクティビティを体験しよう 後半編【初中級:天城トンネル→修善寺駅】らくらくバスの旅 修善寺・河津の大自然を楽しむ楽々ライド(ファヴァロ・マルコ監修)

    前半編【初中級:天城トンネル→河津町】らくらくバスの旅 修善寺・河津の大自然を楽しむ楽々ライドの続きでも楽しめます!

    伊豆半島を訪れると電車以外に便利なバスのネットワークが存在します。特に、自転車愛好家の間で、東海バスが運営するサイクルラック付きバスが人気で、バス+自転車の旅を楽しむ人が増えています。走行距離を短縮するだけでなく、苦手な上り坂は、ほとんど省くことができるからです。今回のルートは、2回サイクルラックバスを使用し、伊豆半島を南北に楽しむものです。

    往路はまた修善寺駅行きの東海バスを使い、天城ゆうゆうの森入口バス停で途中下車します。
    浄蓮の滝で伊豆の荒々しい自然を体験してから、文豪たちを魅了した湯ヶ島地区に向かう。「しろばんば」の舞台となった上の家の見学後、道の駅 伊豆月ケ瀬で休憩をします。
    最後は修善寺温泉で足湯を楽しんでから修善寺駅でサイクリングを終えます。

    【注意点】
    ・急な下り坂をメインとするルートですので、ブレーキの点検及びスピードの出過ぎにご注意ください。
    ・サイクルラックバス1台当たりに3台の自転車しか乗せませんのでご注意ください。
    バス内に自転車を設置する場合、前輪を外す必要となりますので、自転車の種類にご注意ください。サイクルラックバスの詳細は東海バスの公式サイトにてご確認ください。
    https://www.tokaibus.jp/rosen/cyclerack_bus.html

    この記事の作成者:ファヴァロ・マルコ
    伊豆市地域おこし協力隊(自転車普及活用担当)

    記事を読む
  • ルート伊豆市のアクティビティを体験しよう 前半編【初中級:天城トンネル→河津町】らくらくバスの旅 修善寺・河津の大自然を楽しむ楽々ライド(ファヴァロ・マルコ監修)

    伊豆半島を訪れると電車以外に便利なバスのネットワークが存在します。特に、自転車愛好家の間で、東海バスが運営するサイクルラック付きバスが人気で、バス+自転車の旅を楽しむ人が増えています。走行距離を短縮するだけでなく、苦手な上り坂は、ほとんど省くことができるからです。今回のルートは、2回サイクルラックバスを使用し、伊豆半島を南北に楽しむものです。

    修善寺駅から河津駅方面のバスに乗り、天城トンネル手前の水生地下バス停で下車。
    歴史あふれる旧天城トンネルを見てから、国内に2つしかないループ橋、河津七滝ループ橋を下り、美しい七滝を散策し、自然が作り上げた美しい滝を見学します。河津ではバラ園で有名な河津ガバテル公園を見るか、春ですと河津桜を堪能。河津駅がゴールとなります。

    【注意点】
    ・急な下り坂をメインとするルートですので、ブレーキの点検及びスピードの出過ぎにご注意ください。
    ・サイクルラックバス1台当たりに3台の自転車しか乗せませんのでご注意ください。
    バス内に自転車を設置する場合、前輪を外す必要となりますので、自転車の種類にご注意ください。サイクルラックバスの詳細は東海バスの公式サイトにてご確認ください。
    https://www.tokaibus.jp/rosen/cyclerack_bus.html

    この記事の作成者:ファヴァロ・マルコ
    伊豆市地域おこし協力隊(自転車普及活用担当)

    記事を読む

Lesson.1

伊豆市ってどんなところ?

天城山系の山並みに囲まれ、街の中央には狩野川が流れ、駿河湾にも面している伊豆市。その特徴的な地形から豊かな森林と清らかな水に恵まれた山紫水明の地です。
その清らかな水と共に人々の生活や文化が育まれてきました。

伊豆市について詳しく 

清らかな水と自然と共に育まれた人々の生活や文化・アクティビティを体験できる伊豆市。

伊豆市は、その豊かな環境を通じて、自然に対する感性を培うキャンパスとなることを目指します。
キャンプ場など全てのフィールドがキャンパスとなり、全てのアクティビティが授業となり、伊豆に住む様々な人が先生になる。数時間だけの入学から、移住・定住などを通じた長期の入学も可能です!
まずは、伊豆市にどんなスポットがあるかみてみましょう!

地図から探す

Lesson.2

伊豆の自然を体験しよう

達磨山などの美しい山並み、天城峠などの独特の地形や地層、清流が流れ鮎の友釣りの発祥地ともいわれれている狩野川、水系自然豊かだ入り組んだ美しい駿河湾の海岸線など、これらの自然環境に共通するのが「水」の魅力です。

「自然」を通じて伊豆市のことをもっと知ろう

伊豆市で活動する事業者のおすすめのスポットを巡ったり、サイクリングロード、トレイルを体験したり、記事を読むことで伊豆の自然に触れ、自然感性を培いましょう!

地図から探すすべての記事を見る

すべての記事を見る

Lesson.3

伊豆の文化を体験しよう

山と海に囲まれ、豊かな森林と清らかな水に恵まれた山紫水明の地である伊豆。その清らかな水から伊豆の名産であるわさびなどの作物が育まれ、由緒ある温泉などの文化が育まれています。

「文化」を通じて伊豆市のことをもっと知ろう

伊豆市の自然景観と共に育まれてきた文化を、食や温泉、様々な小説の舞台となり風情が残された旧街道の散策、和紙漉き体験など、様々な角度から体験することによって、自然と共に育まれた伊豆の文化を学び、自然感性を培いましょう!

地図から探すすべての記事を見る

すべての記事を見る

Lesson.4

伊豆のアクティビティを体験しよう

自ら体を動かし体験することで深まる伊豆市の自然や暮らしの理解を促進するアクティビティ。キャンプやキャニオニング、トレイルランなど体を使ってアクティブに楽しめる様々な体験を通じて、伊豆への理解を深めることができます。

「アクティビティ」を通じて伊豆のことをもっと知ろう

伊豆市にはキャンプ場やグランピングなどアウトドアが思いっきり楽しめる宿泊施設や、森・山・川・海などそれぞれのフィールドに応じたアクティビティを提供する事業者さんがいます!様々なアクティビティを通じて、そこに住む人々と関わり、自然感性を培いましょう!

地図から探すすべての記事を見る

すべての記事を見る